学校紹介
補習校の目的

 

一時滞在者の子女が帰国後日本の教育環境に円滑に適応できるよう日本の学校における主要教科及び生活訓練を補助的に行うことを目的とする。又、教育環境の国際化に対応し、永住者等にも上述の教育機会を与えるよう配慮する。

 

シアトル日本語補習学校の概要

 

所在地:ワシントン州ベルビュー市 (シアトルから東に車で20分ほどの所)

運営母体:シアトル日本商工会(春秋会) (シアトル進出日系企業の団体)

開設:1971年(昭和46年)

 

学校長からのメッセージ


Seattle Japanese School Principal 
シアトル日本語補習学校 校長 中野龍文

 

 

本校への編入・入学を希望される保護者のみなさんへ

 

 「本校の日本語教育と保護者の役割について」

 

 本校は、シアトル日本商工会が母体となり、1971年に設立され、今年で47年になります。文部科学省の学習指導要領に基づき、日本語による学習を実施しています。

 補習校の設立目的は、日本語で日本国内の学校の教育内容を教え、帰国時に円滑に学校(社会)適応出来るようにすることです。国語・日本語指導が主ですが、日本語での算数(数学)・社会・理科などの学習も本校では行っています。

 

 一般的に、子ども達が日本を離れて間もない頃は、現地校の学習を優先せざるを得ない現状があります。滞在年数が長くなるに従って、日本語の語彙や漢字に対する抵抗も強くなりがちです。ついには補習校に通うことも負担に感じることもあり得ます。

このため、本校では以下のことを中心に保護者にお願いしています。

 

1.日本語を家庭学習の中心に

 家庭教育の基本は「褒める」ことと「躾ける」ことです。

  • 子どもの年齢にふさわしいと思われる日本語の語彙を、話し言葉や書き言葉の中で、豊富に使うように家庭内で努力する。
  • 日常会話の中で、日本語の図書や新聞、その他の読み物にふれる機会を多くし、日本の文字に対する抵抗感を少なくする。
  • 日本国内の友達や親戚などに定期的に便りを書かせる。日本からの返信が楽しくなるようなことを子どもと喜ぶと共に、日本語で文章を書くことにも自信をもたせる。
  • 地域社会で日本人と話し合う機会を多くすると同時に、その際の会話にも関心をはらい、正しい言葉遣い(敬語も含めて)ができるように気を配る。

 

2.補習校の宿題から

  保護者の方々にとっては、宿題を通じて本校が現在行っている学習内容や進度を把握できる機会にもなります。そして、子どもが宿題をやりながら保護者に質問する時、絶好の日本語指導の機会だと考えて下さい。夕食準備や残業でお忙しくても、ゆったり構えて子ども目線で教えてあげる、考えてあげるように、心がけてほしいです。

 

3.日本国内への関心を

   現在、日本国内ではどのようなことが起きているのか、どのような社会の動きがあるのか、子どもの年齢に応じて関心を高める工夫が必要です。インターネットなどを使えば、情報の垣根はほとんどありせん。それらの情報を家庭の話題とし、子どもの理解がおよぶ範囲内で、知識を広めさせていくことも、大切です。図書室の活用もよろしくお願いいたします。

 

 これから、本校に編入・入学を希望される保護者の皆様、平成30年度は、全校生徒594名、教職員56名でのスタートとなりました。幼小中高の園児、児童、生徒が同じ校舎で過ごし、学校全体、一体感の中で活動しています。校歌にも詠われている三つの学び、「厳しく、楽しく、豊かに学ぶ」という校風を守りつつ、充実した学校づくりを進め、日米の文化を学び、世界の架け橋となる子どもたちを育て続けていきたいと考えていますので、よろしくお願いいたします。